HOME>レポート>慰謝料請求したい人必見!弁護士に依頼して裁判を乗り越える方法

慰謝料請求したい人必見!弁護士に依頼して裁判を乗り越える方法

ウーマン

慰謝料とは?

慰謝料とは、精神的に肉体的や私生活を不法に侵害されたときに請求できるお金のことを指します。この定義は様々で、現在はいろいろな場面で慰謝料をめぐる問題が発生しています。事故が起きた場合や勝手に肖像画を使われたり、離婚をする場合にも慰謝料を請求したりすることができるでしょう。慰謝料請求したい場合には、弁護士に相談をするのが一番早いです。慰謝料を請求したい旨を伝え、その方法や支払期日や金額を決めていきます。方法に関しては、書面や口頭で請求をするケースと裁判を通して請求する二つのパターンがあります。一般的には、最初は書面や口頭で慰謝料の請求を行い、決裂した場合には簡易裁判所で調停を行います。そこでも決着がつかない場合には裁判となります。

電卓

慰謝料請求の流れ

慰謝料請求したい場合には、どちらかが請求を行うことから始まります。当事者だけの話し合いで済む場合には弁護士を入れる必要はありませんが、正確に請求を行いたいときには専門家に相談をするといいでしょう。慰謝料請求を行う場合には、口頭で行うケースと書面で行うケースの二つがあります。書面に関しては、決まったフォーマットなどはありません。書面で行うメリットとしては、記録に残り、時間があるため戦略を練ることができます。口頭で慰謝料を請求するときにも決まったフォーマットはありません。当事者同士での解決が難しい場合には弁護士を仲介するといいです。弁護士に依頼すれば、スムーズに慰謝料の請求が行えます。話し合いや書面で決着がつかなければ、簡易裁判所を通しましょう。

広告募集中