会社設立でやってはいけないこと

まず大事なのが、一人で悩まないことです。会社設立には、多くの資金と社員が必要になります。自分だけで作成した事業計画書が、果たして成功するか、多くの人に相談すべきでしょう。本当に、会社を設立すべきかを税理士に相談するのもよいでしょう。

比べて納得!個人事業主と法人のメリットの違い

個人事業主のメリット

開業するにあたり、多くの提出書類を作成しなければならない法人に対して、個人事業主は、税務署に個人事業主の開業届けを提出し、受理されると即日に開業することが可能です。

法人のメリット

提出書類を作成する手間はありますが、個人事業主に比べ税金面で優遇されます。そのため個人事業主で所得が増えると、節税のために法人にする方も多いです。また企業にすることにより、お客様への信頼度がアップします。

本当に会社を成立すべきか?起業後の驚くべき事実!

まず今のビジネスモデルを元に、本当に会社設立をすべきかを考える必要があります。なぜなら、起業した5年以内の廃業は、数万社にものぼるからです。厳しい現実が待っています。会社を成立することは、手順に沿ってやっていけば問題なくできるでしょう。しかし会社を継続していくことは、とても難しいのです。

会社設立に必要な準備は?

男の人

起業した知り合いに話を聞く

すでに起業をした知り合いにリアルな話を聞いてみると、良いでしょう。起業に至った経緯や、資金面、収入面などについてです。Webサイトだけで調べると、自分にとって都合の良い情報を無意識に集めてしまいます。起業した知り合いの生の声を聞いて、参考にしましょう。

事業計画書を作成する

会社設立の事業計画書を作成してみましょう。資金調達面でも重要な書類となってきます。ビジネスモデルに俯瞰してみることで、実際にどの程度、利益を得ることができるかシミュレーションすることが、とても大事になります。

競合他社を徹底的に調べる

すでに存在する競合他社の情報を徹底的にリサーチしましょう。その上で、参入できる余地があるか、また他社との差別化ができるをしっかりと見極めましょう。競合他社よりも強みとなる部分で勝負すると良いと思います。

会社設立には何が必要?税理士に確認すべきこと

電卓

会社設立に債務整理はデメリットとなる

会社を設立する際に、以前に債務整理したことがある場合は要チェックです。通常、債務整理をしてから約7年間、金融機関からの借入ができなくなってしまいます。そのため、借金がある場合に債務整理をするかは十分な判断が必要になります。大阪などの都内では、債務整理専門の税理士がおります。また、税理士だけじゃなく、弁護士も非常に頼りになる存在です。どちらも、債務整理について対応してきているプロですので、頼れる相手を探しておきましょう。解決できる糸口を見つけ出すために、良き相手に遠慮なく相談してみてはいかがでしょうか。

[PR]
債務整理は弁護士に相談すべし!
評判の高い事務所を厳選リサーチ☆

[PR]
相続手続きを川越で進めよう
専門家への相談が大切☆

[PR]
港区で税理士事務所を利用しよう
お金の悩みを専門家に即相談☆

広告募集中